Press "Enter" to skip to content

デザイナーになるために専門学校に行って学びませんか

デザイナーになるためには基礎を学ぶ必要があります

何事もそうですが、職業として一つの道を選んだら、その道のことをいろいろと勉強はなければなりません。今、服飾などに興味があって、将来は、デザイナーとして働きたいと思っている方は、まずは、専門学校に行って、服飾の基礎や基本をしっかりと勉強しましょう。やはり、独学では難しく、我流では限界があります。その点、専門学校ではプロの道を究めた方が直接指導してくれるので大いに参考になることがたくさんあります。まずは、専門学校に行って多くのことを学びましょう。

同じ志を持った友達とともに交流しあうことも大切です

専門学校では、将来、デザイナーになりたいと思っている友達がいっぱいいます。同じ目標を持っている方がいろいろいるのでお互い刺激しあって、勉強もきっとやる気ができるはずです。また、休み時間や学校が終わった後などに友達と服飾関係の話などをする機会も多くなります。そのようにしていろいろな情報交換をする中で、具体的な自分の将来像を描いていくことができることが大切です。友達でもあり、ライバルでもある関係を築ければ勉強も身に入ります。

常にアンテナを張っていると情報は入ってきます

服は人間にとって欠かすことのできないものです。日本人は、普通、服を着て生活しています。ですから、服飾というアンテナをいつも頭の中に張っておくことで、電車の中にいてもいろいろな人の服装が目に入るはずです。この人はこんな服ならもっと若く見えるのに、赤い色を着れば明るい印象に見えるのに、などと頭を使って周りを見ることも大切です。そうすることで、今、どんな服が流行して、好まれているのか、そして今後どんな服装なら売れるのかなど、考えることもできるようになります。

服飾の専門学校の授業の魅力として、業界内での経験が豊富な講師陣からレクチャーを受けられることが挙げられます。