Press "Enter" to skip to content

通信制高校選びにちょっと待った!重要な点はスクーリングと卒業後の進路

スクーリングと進路がカギ

過疎の地域を救う教育機関に通信制高校があります。通信教育が発達するまでは、過疎の地域に住む学生は、高校へ通うにも家から離れて下宿生活などをする必要がありました。誰もが下宿生活を送れる訳ではなく、経済的な負担を考え進学を断念する中学生が平成の世も多くいます。これら経済弱者を救うのが通信制高校でもあります。通信教育でネックになるのは定期的に通う必要があるスクーリング(通学)と卒業後の進路、この2点が通信制高校を選ぶ際に重要となります。

スクーリング費用は別料金

スクーリング(通学)に掛かる費用は学生側が負担しなくてなりません。そのため、自宅から遠いとその分の負担は増し、泊まることになれば宿泊費も必要になります。通信制高校の中には生徒が本校まで行かなくても、教員が地方の主要都市まで出向いてスクーリングを行うとこもあります。スクーリング受講料は授業料とは別に請求されることが一般的なため、入学金や授業料とは別にスクーリング費用を予算に計上しておきましょう。スクーリングで宿泊する場合は、高校が提携している宿泊施設がある場合もあり、きめ細やかなフォローがある通信制高校では学生生活も楽しめます。

通信制高校でも全日制や定時制課程と同等の卒業資格

中卒と高卒では求人に雲泥の差があるのが現実、通信制高校でも卒業をしたら全日制や定時制と同等の卒業資格が得られ、大学へ進学することも可能です。通信制高校の中には通信制大学を運営しているとこもあり、従来通りの生活を続けながら進学することができます。ネット環境が整った今日、通信制高校出身との理由で卒業後の進路が不利となることは少なくなっています。通信制高校には、進学や就職も全日制課程の高校と同じように卒業後の進路をバックアップしてくれるスタッフがいるので心配は不要です。

通信制高校は毎日通学する必要がなく、自分でカリキュラムを管理しながら自主勉強をします。時間を自由に使えることから働きながら高校の卒業資格を目指せます。