Press "Enter" to skip to content

自分に合っているのはどちら?消費者金融と銀行のカードローンの選び方

大きな違いは総量規制の対象となるかどうか

上手なカードローンの選び方としてまず利用する会社が消費者金融系か銀行系かを確認することが大切です。現在は総量規制という決まりがありますので、消費者金融では年収の1/3以上は借りられないという決まりになっているためです。銀行の商品ならば総量規制のことは考えなくても大丈夫ですので、特にクレジットカードのキャッシングを利用している人はしっかり確認しましょう。とは言っても、運営会社の名称を確認すれば銀行かどうかはすぐにわかりますので安心ですよ。

申込みの流れは共通点が多い

消費者金融でも銀行でも、カードローンの申込み方法や審査の流れはとてもよく似ています。消費者金融の融資手続きが大変素早いのは間違いありませんが、銀行だからといって審査に時間がかかるということはあまりありませんよ。審査をスムーズに進めるために、申込み情報として伝えるべき内容はしっかりと調べて間違いのないようにしましょう。特に収入についての項目はカードローンを利用する上ではとても大切なことですので、年収の金額や勤続年数などはアバウトな数字ではなくできるだけ正確に調べて申告しましょう。

低金利の銀行と利便性の高い消費者金融

一般的な傾向として、銀行のカードローンは金利の利率が低めになっていますので利息を安くおさえることができるのが魅力ですよ。それに対して消費者金融は申込みをしたその日のうちにお金を借入れできる便利なサービスや、自宅に郵送物が届かずスマートに利用できるサービスなど利便性が高いのが特徴です。どちらがより優れているというものではありませんので、返済計画やその時の状況、そして自分の好みなどに応じて自分に合ったカードローンを選びましょう。

カードローンの比較方法を理解するには、実際に貸金業者を利用したことがある人の口コミに目を通すことが重要です。