Press "Enter" to skip to content

何が違うの?クレジットカードとデビットカード

後払いができるのがクレジットカードの魅力

社会人になるとクレジットカードを持っている人も多くなりますが、その魅力は「後払いができる」という点です。手持ちのお金がなかたり、欲しい商品の金額が高額でもクレジットカードを提示すると支払いを1カ月ほど後にすることができたり、お店では分割払いができないものがクレジットカードを使うことで分割払いができるようになります。欲しいものを我慢することなく購入することができるというのがクレジットカードの魅力だと言えます。

デビットカードはその都度払い

デビットカードは見た目はクレジットカードとほぼ同じです。違う点と言えば支払いがその都度行われるということです。デビットカードは銀行が発行しており、利用すると口座の残高からすぐに利用代金が引き落とされます。そのため、口座に入っている金額以上のものは購入することはできませんが、クレジットカードで分割払いをしたときのように金利がつくこともありません。通常の買い物の際に現金を使わずに口座引き落としができるカードと考えると良いでしょう。

どっちが良いの?クレジットカードとデビットカード

クレジットカードとデビットカードはどちらも現金を持ち歩かなくても良いという共通点はありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。クレジットカードは作成するときに会社や収入などの申告が必要になりますし、その内容によっては利用金額が変動することもあります。デビットカードは銀行に口座があれば作ることができるので手軽です。自分がどのような場面で使って、どのように支払いをしていくのかを考えて選ぶようにしましょう。

2社以上の企業と売買取引がある場合、決済も複数回あり手間がかかります。決済代行を使用すると、代行会社がそれぞれとの決済を行うため、自社の決済は代行会社との1回で済むようになります。