Press "Enter" to skip to content

誰でも手堅く資産形成できる!今話題のJリート(不動産投資信託)とは

Jリート(不動産投資信託)の概要を知ろう

Jリートは日本の不動産投資信託を意味する造語です。世の中には多様な投資信託がありますが、Jリートにおいては、投資対象が日本国内の収益不動産に限られていることが特徴です。収益不動産として代表的な物件は、都心のオフィスやホテル、郊外の物流倉庫やリゾートマンションなどです。本ファンドに出資することで、投資家は収益不動産がもたらす賃料などの利益の一部を受け取れます。その利回りは総じて高く、平均3%程度です。銀行金利が0.01%にも満たないことを考えると驚異的な数値と言えるでしょう。

何故Jリートが近年話題になっているのでしょう

Jリートが近年話題になっている理由のひとつが敷居の低さです。個人が不動産投資を始めるためには、巨額の資金調達など多くの関門があります。ですがJリートなら約1万円程度から始められますし、不動産経営に伴う様々な雑務とも無縁です。極めて安全性が高いことも注目されている大きな理由といえます。Jリートの運営法人は多ジャンルの不動産を分散運営しているので、個人のアパート経営などとは異なりリスク耐性が強靱です。ですから長期に渡って安全に分配金を受け取り続けることが出来るでしょう。

Jリートの銘柄と今後について

数銘柄から始まったJリートですが、現在は50以上の銘柄がひしめいています。時価総額が八千億円を越える大企業クラスの銘柄や、利回りが6%に至る高収益銘柄まで様々です。いずれにおいても共通していることが保有物件の内容でしょう。景気回復基調を受け、多くのファンドが投資先として東京都心一等地のオフィスの割合を増やしています。ですから、業界の今後を予測したいのであれば、都心オフィスの空き室状況などを逐一チェックしておくと良いかも知れません。

j リートのファンドとは投資家の人達から資金を集め、その資金で施設やビルなどの不動産を買い、得た収入を分け合うことです。