Press "Enter" to skip to content

確実に儲ける作品を作るために!ゲームの専門学校で学ぶ事

儲かる理由を会社に伝える技術

作ろうとしているゲームが、どういった理由で儲かるのか会社側にアピールするための、プレゼンの技術を高めてくれるのもゲームの専門学校の良さです。ゲームの開発会社に就職できたら、自分の好きな作品をすぐに開発させてもらえるという事はありません。まずは一定の経験を積んでから、企画を会社側に提出するところから始まります。その企画を提出する際にはゲームの面白さを伝えるだけでなく、どれぐらい儲かりやすい作品なのかをアピールしなければいけません。まずは専門学校でプレゼンの技術を高めるところから始めましょう。

どういうユーザー層にアピールできる作品なのか学ぶ

ゲームの作り方を教えるだけでなく、ユーザー層によるゲームの好みの違いも専門学校では教えています。このゲームのジャンルであれば、どういった層のユーザーにアピールできるのかという例を学ぶ事が可能です。自分が作ろうとしているゲームが、どういう理由でユーザーに受け入れてもらえるか語れるようになるだけでも、自分の企画が会社側に受け入れてもらえる可能性は高まりますよ。専門学校でユーザー層による好みの違いを学んで、企画書の内容に反映しておきましょう。

開発費を抑えるためのコツを知っておく

ゲームの企画書を書く時には、どれぐらいの開発費が必要になるゲームなのかも考えておかなければいけません。ゲームの専門学校では開発技術を学べる事に加えて、そのゲームの開発費用を抑えるためのコツも教えてもらえます。これだけ開発費を抑える事ができると企画書で伝える事ができれば、それだけで会社側も企画を受け入れやすくなりますよ。自分の企画を通すための、節約技術についても専門学校で学んでおく事をおすすめします。

ゲームの専門学校の活用術を身に着けることで、将来的の井独立を果たすうえで役立つ専門的なノウハウを習得できます。