Press "Enter" to skip to content

知ってる?!信用取引のメリットと注意点とは?

信用取引とは何だろう

信用取引という言葉を耳にする事はあるかも知れませんが、実際に詳しく知っている方は少ないです。信用取引は自分の事を信用してもらい、持っている金額以上の株式投資を行う事です。自分の資金や、株式を担保に行う事ができ、少ない資金でも、多くの利益を得る事が出来るのがこの手法の最大の特徴になります。また信用取引には通常の株価が上がる事で利益を得るだけではなく、「空売り」と呼ばれる手法でも利益を得る事が出来るので、より効率よく稼ぐ事が出来ます。

信用取引のメリットとは

信用取引が、持ち金以上の取引ができるのは、レバレッジ効果と呼ばれるものがあるからです。信用取引ではレバレッジ効果は3倍であり、資金の3倍の取引をする事が出来ます。また、空売りを行うことにより、さらに利益を得る事が出来ます。空売りとは株価が高い時に株を借りて販売します、らそして、株価が下がった時にもう一度株を買い戻し、返します。そうする事で、安い時に買い、高い時に売ることが出来るため、株価の変動がどのような時にでも利益を得ることが出来るのが信用取引のメリットです。

信用取引をする時の注意点

さらに、信用取引には利益を得るだけでなく株主優待を受けることができることも大きなメリットです。通常10万円の資金では、10万円分の株主優待しか得ることが出来ませんが、レバレッジ効果により、取引額を増やすことで10万円の資金でも、最大30万円分の株主優待を受けることが出来ます。しかし、信用取引でも注意しないといけない点があります。それは追証です。信用取引で損をした際に、追加で保証金が必要なことを指します。追証を防ぐには、ギリギリの取引をしない、現金を保証金にしておくなど様々な対策があり、信用取引を行うならその対策はしておくべきです。

信用取引は、一定の金銭や物を担保として自己の有する金銭よりも大規模な取引をすることで利益を大きく獲得する取引です。